放射能から豊中の市民・子どもを守る会

豊中の市民・子どもの命を守るために放射能を測定し、豊中市に申し入れよう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大飯ストレステスト審査書提出に抗議声明

関西電力大飯原発3・4号機ストレステストの審査書提出を強行した原子力安全・保安院に抗議し、
専門家意見聴取会の井野委員と後藤委員が緊急声明を発しています。
以下、転載します。

---------------------------------------------------------------------------------
2012年2月13日

関西電力大飯3・4号機ストレステスト審査書提出に抗議する緊急声明

                          ストレステスト意見聴取会委員
                               井野博満・後藤政志

原子力安全・保安院は、本日、関西電力大飯原発3・4号機の一次評価を「妥当」とする
審査書を原子力安全委員会に提出しました。私たちは、このような拙速なやり方は、
とうてい認められません。

2月8日の第8回意見聴取会では、様々な技術的な課題が残されていることが明らかになりました。
原子力安全・保安院も、その場で議論を終了するとは明言しませんでした。
当然、継続審議となると思いました。
審査書が原子力安全委員会に提出されたことに対して意見聴取会の委員として抗議します。

ストレステスト意見聴取会では、徹底して議論を尽くすことが、
国民に対する原子力安全・保安院の責務です。
次のような根本的な問題が残っています。

(1)判断基準について、保安院は「福島第一原子力発電所を襲ったような地震・津波が
来襲しても同原子力発電所のような状況にならないことを技術的に確認する」としています。
しかし、津波の想定は11.4メートルで、福島事故の14メートルよりも低くなっています。
そもそも、福島事故は収束しておらず、原因もわからない状態です。

(2)評価の対象、基準の適用について以下の技術的な疑問があります。
① 制御棒の挿入性を検討の対象から外しています。
② 基礎ボルトなど機器の強度については、安全率を削って評価しています。
③ 原子炉建屋などの構造強度に関わる許容値について、耐震バックチェックの基準より
甘い許容値を適用することを認めています。
④ 本来の設備は福島原発事故前から改善せず、
消防車や非常発電装置などの外部仮設設備だけで安全だとしています。

(3)ストレステストは、過酷事故対策の検証を含めた二次評価と合わせて評価しなければ、
地域住民が安全性を判断する上では意味がありません。
電力事業者は、原子力安全・保安院の指示により、
これを2011年末を目処に提出するはずでしたが、
関西電力は二次評価結果を未だに提出していません。

原子力安全・保安院が、現時点で「妥当」としたことは、
はじめに再稼働ありきの見切り発車と言わざるを得ません。
このような姿勢こそが、福島原発事故を招いた要因です。
このように原子力安全・保安院は、規制当局としての役割を十分に果たしていません。
まずすべきことは、自らのありようについて根本的な反省をすることです。

本日の審査書の提出は、「安全性に関する総合的評価」とされる
ストレステスト評価の体をなしていません。

以上
スポンサーサイト
[ 2012/02/18 00:56 ] 原発再稼働問題 | TB(0) | CM(0)

2.4琵琶湖集会&デモ〔報告〕

送信者:高橋M
日付:2012/02/05
件名:2月4日びわこ集会&デモ
--------------------------------
「大飯原発3・4号機の運転再開をとめよう!」という集会&デモが大津市で行われました。
会場となったピアザ淡海には500名以上が集まり、座りきれないほど。
会場前では、チラシを配る人たちがぎっしり並び、各地でさまざまな活動が行われていることを実感します。

大飯原発3・4号機の再稼働に際して、経済産業省原子力安全・保安院はストレステストの結果を「妥当」と評価した素案を提出しています。そして、1月18日に開催された「意見聴取会」では傍聴者を締め出し、4名の委員だけが残るというものでした。この意見聴取会のメンバーは原発業界から「寄付金」や「受託研究費」を受け取った人たちが明らかにされているにも関わらず、メンバーの交代は行われていません。

そして、1月23日から国際原子力委員会(IAEA)による検証作業が始まっています。

2月・3月が山場とされる大飯原発3・4号機再稼働への動きに抗して、関西を中心に全国各地から集まった参加者は、何としても大飯原発の再稼働を食い止めたいとの思いにあふれているようでした。

主催者を代表してのアイリーン・美緒子・スミスさん(グリーンアクション)のあいさつでは、「原発がなくても電力は不足しない」ことを参加者とともに確認しつつ、福島の苦しい体験をチャンスととらえて原発のない社会を実現させようと力強くアピールしました。

各地からのメッセージやリレートークでは、それぞれ試行錯誤しながら思い思いの方法で脱原発の運動に取り組んでいる様子が語られました。個性あふれるトークがつづき、緊迫した状況を前にしつつも、明るい未来を感じさせてくれるものでした。

大飯原発と同様、再稼働への動きがすすめられている伊方原発に反対する「原発さよなら四国ネットワーク」、玄海原発のMOX燃料差し止めを求めて提訴している「玄海原発プルサーマル裁判の会」、毎月26日に関電交渉を行っている「ランチタイム女たちの会」など、そして、和歌山からは日高原発建設を阻止した体験が語られ、元気をいただきました。

途中、隣に座る人と一言声をかけあおうなどの企画も盛り込まれ、会場全体が一つになった雰囲気は、現在稼働中の原発は3基という状況下、原発がなくても電力は足りるということを一人ひとりが確信できたということがあるのではないでしょうか。

一方で、福島では除染作業をするときには、近所の家から手伝いに行かなければ村八分状態になるというような実態も語られ、福島の膠着状況に心が痛みます。そして、「福島は終わっていない」ということを改めて確認し、このような中での再稼働は許せないとの思いを共有しました。

最後に、「美浜の会」・島田さんから今後の行動提起。
運転再開反対署名を2月20日に集約し、2月24日に福井県議会に提出。
また、小浜市やおおい町ではチラシ配布や戸別訪問をし、関電の原発がすべて止まる2月20日には、「原発なしでも暮らしていける」ことを街頭やメールなどでアピールするとともに、関電本店に申し入れに行こうというようなことが提起されました。
具体的な行動については、「びわこネット」などのHPで紹介されます

つづいて、楽器や歌、仮想も楽しい市内デモが行われ、関電滋賀営業所をヒューマンチェーンで取り囲むことができました。
                                             (高橋M 記)
[ 2012/02/06 16:38 ] 原発再稼働問題 | TB(0) | CM(0)

大飯原発再稼働反対の自治体要請行動の報告(転載)

若狭の自治体に申し入れを行った方の報告メールを転載します。

*******************************

皆様
 大津市の中川です。
 「平和と民主主義をめざす全国交歓会」では1月30日に若狭2市4町(おおい町、小浜
市、高浜町、敦賀市、美浜町、若狭町)の自治体首長と議会議長に対し大飯原発再稼働
反対の要請行動を取り組みました。その報告です。

 内容は「国会で福島事故調査委員会が調査の最中で、事故原因さえ踏まえぬ根拠も基
準もないストレステストによる再稼働は認められない。ひとたび事故が起きれば琵琶湖
が汚染され京阪神一帯が高濃度の放射能に汚染される。原発の再稼働に同意するな。」
というもの。

その中で、おおい町原発行政担当の企画課長は「今のストレステストは、机上のコン
ピューター上のものであり、合格点が決まっているものではないので、再稼働の条件と
考えていない。国が福島事故の知見に基づいた新たな基準を示さない限り再稼働の同意
は困難」と明言しました。この発言は、福井県知事発言の趣旨に沿ったものではあるが
、はっきりと明言したことは大きいと思います。

 他にも小浜市、敦賀市、高浜町の担当課長もニュアンスの差こそあれ、「ストレステ
ストは再稼働の条件にならない。これは立地自治体首長の共闘認識である。安全の根拠
がない。」(小浜市企画課長)「 県の西川知事もおおい町の町長もストレステストで
は安全は確保できないと言う立場に立っている。」「敦賀2号機が今ストレステストを
受けているが、今の段階では私たちには判断評価、方法、基準さえわかっていない」と
して、一様に県知事発言に歩調を合わせています。

 また、若狭町では゜原発関係で要請に来られたのは初めて」とのこと。若狭町は立地
自治体ではないが、準立地自治体協議会を小浜市などとつくり立地なみの安全協定締結
を求めています。今後、UPZ圏自治体に要請をすることも必要です。
ストレステストが再稼働の条件でも安全を確保するものでもないことは立地自治体も
認識していること、県知事見解で一致していることが明らかになったことを踏まえ、さ
らに福井県知事を再稼働に同意しないように各地から強力に要請することが必要と思い
ます。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※
中川哲也  tn001@nifty.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※
[ 2012/02/02 11:25 ] 原発再稼働問題 | TB(0) | CM(1)

経産省前テント撤去要請撤回!再稼働こそやめろ!経産省へ抗議を

原発再稼働やめろ!テント撤去ではなく原発こそなくせ、止めろの要請を
(転送)
みなさまへ
平和と民主主義をめざす全国交歓会・沓沢より

<ここから>
今日24日、枝野経済産業相は記者会見で、経産省前テントを不法占拠だとし、テントの撤去と敷地内からの退去を文書で要請したとあきらかにしました(期限は27日の午後5時)。従来は口頭であったが、今回は文書要請でした。昨年末のテントでのぼやを口実に、経産相は「主張はともかく危険な行為は放置できない」と「自主的に退去」を求めてきたのです。

経産省前テント広場は、再稼働やめるまで撤去できないと表明し、今後、27日に記者会見・声明の発表、枝野経産相への会見もうしれ、午後4時-6時にテント前で集会を開く予定です。
27日午後経産省前テントに集まり、テントの維持、経産省への抗議の集会行動をみんなで成功させましょう。

テント広場では防火責任者をおき自主管理で運営し、消防法上も「危険な行為」など一切ありません。経産省とテント防火責任者が何度も話し合っており、これからも共同で防火に努めれば「危険」などありません。
経産省の意図は、大飯原発の年度内再稼働を狙い再稼働をすすめるために反原発の象徴であるテントを撤去したいのです。大飯原発の年度内再稼働を狙い反対運動への圧力をかけているのです。再稼働やめろの圧倒的な世論を経産省へ集中すること、これが今必要です。

みなさん、経済産業省へ「原発再稼働やめろ!テント撤去ではなく原発こそなくせ、止めろ!」の要請を全国から集中しましょう。
首都圏のみなさん、27日、経産省前テントに集まりましょう。土・日に経産省前で多くの方が様々なイベントを展開していきましょう。
平日・夜のテント前での座り込み・支援・激励に駆けつけましょう。
原発稼働ゼロへ、年度内の一日一日が勝負です。テント広場を守り、全国のすみずみから再稼働させない運動を!


[ 2012/01/26 01:06 ] 原発再稼働問題 | TB(0) | CM(0)

1.18ストレステスト「意見聴取会」の報告(転送)

     警官導入、密室審議強行の「意見聴取会」は無効だ
★ 「福島原発事故緊急会議」のMLより転送です。昨日(18日)のいわゆるストレステスト『意見聴取会』の成り行きの報告です。

 【以下、転送】
 以下、私(全交・沓澤さん:引用者注)が知る限りの今日の出来事の概要です。絶対に忘れぬようにし、追及を強めましょう。

 別室でのモニターではなく傍聴認めろ、公開原則を守れの抗議要請で、ストレステスト意見聴取会は4時間も開始できず、経産省は50名余の警察を導入して、賛成派委員だけを別室17階の会議室に連れ出し、反対委員欠席のまま密室で審議して、大飯原発3,4号基のストレステストを「妥当」と判断したのです。
委員会公開の原則を投げ捨てた決定ならぬ「決定」は無効です。公正審議のない横暴で無理な決定をしたことはだれの目にも明らかです。多くの人々の、自治体関係者の信頼を得ることはできません。今日のストレステスト「妥当」判断で決着ではなく、今後の政府決定、福井県など関係自治体の同意などいくつも関門があり、抗議・追及行動を倍加させる材料となったのです。

 経産省の役人が、別室審議へマスコミを誘導しましたが、多くのマスコミはついていかず抗議を続ける委員や人々を残って取材していました。現場の記者もどこに真実があり、伝える意味のあることは何か、明らかだったのです。

 許せないのは枝野経産大臣です。5時半に記者会見で「平穏な開催ができないことは容認できない」と公開原則を破った自らの責任をタナにあげ、傍聴を求める人々に転嫁したのです。この大臣判断が警官導入、密室審議強行の命令でした。さらに密室審議の席で、「不快な思いをさせて申し訳ない」と原発企業から金をもらった御用学者に頭を下げてわびているのです。福島はじめ全国で被曝を強要されている人々に背を向けて、原発利権擁護・再稼働推進に走っているのです。こいつは辞めさせなければなりません。

 これから追及すべきことは明解です。
 経産省・保安院に「妥当」判断無効、撤回!再稼働やめろ!の抗議行動・電話・FAX・メールを集中しましょう。
 公正審理、公開原則をなげすてた枝野は大臣やめろ!と叫びましょう。

 密室審議に同調した委員にも抗議し、引き続き岡本孝司東大教授ら3名の辞任を求めましょう!
 これからのストレステスト・意見聴取会の場を、でたらめ審議追及の場に変えていきましょう!

【枝野幸男経産相】

[国会事務所](FAX)03-3591-2249 (TEL)03-3508-7448

[地元・大宮事務所](FAX)048-648-9125 (TEL)048-648-9124



[ 2012/01/20 00:00 ] 原発再稼働問題 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。