放射能から豊中の市民・子どもを守る会

豊中の市民・子どもの命を守るために放射能を測定し、豊中市に申し入れよう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【報告】「5・18アースデイとやま2014」に参加してきました~


「アースデイとやま2014」 に参加してきました~
http://earthday-toyama.org/

5/18(日)、アースデイ(環境イベント・全国展開)in富山に、老若男女4人で、参加してきました。
特急サンダーバードに揺られること3時間強、降り立った富山はさわやかな空気で一杯でした。
富山駅前から見える立山連峰の素晴らしい雪化粧にも感動!

「とやま市民放射能測定所・はかるっチャ」事務局長・宮崎さんや、
  →http://toyamasokutei.jimdo.com/
「反原発市民の会・富山」代表の藤岡さんのお世話になりました。
  →http://www.net-jammers.net/anti-nuclear/index.html

アースデイでは有機農作物の販売や、自然食材のお菓子・パン、木工品、リサイクル・ファブリック製品等、
お店が沢山出ていました。
来場者も終わりまで途切れず、
私達が参加したブースにも多くの方が立ち寄ってくれました。

とやま市民放射能測定室・はかるっチャのブースのお隣をお借りし、
「『本当のフクシマ』〈ミニ〉写真展」と
「どこでも誰でも放射能健康診断を求める署名活動」をしました。
来るかた来る方皆さん、ご家族の分まで気軽に署名してくれました。
もっと驚いたのはほとんどの方が、話を最後まで聞いてくれたことです。

資料と共に、私は主にこのようなお話をしました。

◇100ベクレルは本来黄色いドラム缶に入れる危険物、今はそれを食べさせられている。
◇私の周りにはこんな健康被害が出ている、美味しんぼと同じ鼻血も。
◇水俣病、富山のイタイイタイ病、アスベストも当初政府は原因が分からないふり、放置のような状態。
 あとから、認めたがそれまでに沢山の人がなくなり、裁判が今も続いている。
 今回の原発爆発事故も同じ、新たな公害のはじまり。
 政府はできるだけ賠償金を払いたくない。 Etc.

一人一人が、進んでブースに立ち寄ってくださり、じっくりお話を聴いていただきながらの154筆。
とても重い署名です。

また、福島の写真について、1枚1枚こちらの解説を丁寧に聞いてくれる方が多かったです。
20代、30代の若者も、何人もじっくり話を聞いてくれたのも印象的でした。
その若者の中で署名用紙を持って帰って集めてくれるという方もいて、有難かったです。

それなので、一同充実した活動の疲れを癒すため、帰路、富山の美味しい食事とお酒を頂きました。
楽しみつつ活動する、またどこかに出張したいですね(^O^)                  (えりな 記)

スポンサーサイト
[ 2014/05/23 16:54 ] その他 | TB(0) | CM(0)

# 学習DVD『福島原発事故と甲状腺がん』ご活用のお願い/マブイ・シネスコープから

学習DVD『福島原発事故と甲状腺がん』ご活用のお願い/マブイ・シネスコープから



2014年2月1日完成・発売いたしました新作『福島原発事故と甲状腺がん』に早々にご注文、お問い合わせをいただきありがとうございます。
個人視聴はもちろんながら『学習のため上映会をしたい』、『大学の講義で使うには・・』等のお問い合わせもいただき、この問題への関心の広さを改めて実感しています。

◇制作中にも事態は、一層本格的な検査・治療を要するところへ残念ながら悪化しています。
2月7日、福島県県民健康管理調査検討委は、通算4回目となる検査結果発表を行いました。
それによると調査人員約25万4000人で、確定33例、疑い41例となり、100万に換算すると132人という、甲状腺がん研究の国際的通説となっている100万に1人ないし2人を根底から揺るがす発生率となっています。
 
◇にもかかわらず、福島県立医大放射線医学研究センターは、『チェルノブイリの知見によれば、甲状腺がんの発生は『事故から4~5年後』と言い放って恥じません。
本編の中にも示しましたが、ベラルーシ国立甲状腺がん研究センターの統計は『1~2年目から増え始め4~5年目に激増期を迎える』ことをはっきり示しています。
これが世界の知見です。

◇上記はほんの一端ですが、低線量被曝、内部被曝の問題は私自身その一人ですが、聞いた時はわかったように思っても、しばらくすると『どういうことだったのかな?』と思ってしまう・・なかなか消化に苦労する課題です。
それを4人の小児科医を直接訪問してお話を伺い、わかりやすくまとめました。
どうかグループで、職場で家庭でご活用くださいますよう、改めてご案内させていただきます。
                      マブイ・シネコープ 木村 修・記

ジャンル : 政治・経済
テーマ : 放射能汚染

[ 2014/02/27 11:32 ] その他 | TB(0) | CM(0)

次回街頭署名活動とミーティング

●4月1日(日)
12:30~13:45 豊中駅前 宣伝・署名活動
14:00~16:30 ミーティング(すてっぷ・セミナー室)
   (1)避難者交流会の総括と次回方針
   (2)ガレキ・再稼働の情勢
   (3)学校給食課との話し合い報告と5月豊中市議会に向けて
   (4)今後の行動方針
[ 2012/03/30 22:55 ] その他 | TB(0) | CM(1)

10・30(日)ミーティング&署名行動

●10月30日(日)

・13:00~15:00
  「守る会」ミーティング
  ・所: 大池コミュニティプラザ・会議室
  ・案件: ・ガレキ受け入れ問題をめぐる情勢
       ・府、市申し入れ行動の報告と総括
       ・今後の方針 等

・15:00:~16:30
   ガレキ受け入れ反対署名活動
   ・所: 阪急豊中駅前人工広場

  (いずれも、どなたでも参加できます。)
[ 2011/10/27 02:00 ] その他 | TB(0) | CM(0)

第4回放射能測定行動&ミーティングのおしらせ

第4回放射能測定行動とミーティングを開催します。どなたでも参加できます。

 <10月16日(日)>
   ・午前10:00 測定行動開始  豊中市役所玄関前集合・出発                                
                        ↓
                        ↓
      12:00ごろ     終了  豊中駅前人工広場

         (各自昼食休憩)
  
   ・午後 1:00 まとめ&ミーティング   (とよなか国際交流センター・和室)
             案件: 1、測定行動のまとめ
                  2、対豊中市要請行動にむけた内容の整理
                  3、その他
    
    お問い合わせ
    担当: 山田
    Email: tj5tymd@gmail.com
[ 2011/10/10 01:54 ] その他 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。