放射能から豊中の市民・子どもを守る会

豊中の市民・子どもの命を守るために放射能を測定し、豊中市に申し入れよう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

1.12ミーティング報告

2013年1月12日(土)午前10時、豊中すてっぷにてミーティング。
9人の参加。

<今年の抱負> 
被災者・避難者の人権・生活をいかに守り、国・東電にいかに責任を取らせていくかー
そのために「子ども・被災者支援法」をいかに有効なものにしていくか、その中身を作る運動を作り出していこう! 

 情勢学習「選挙結果をどう見るか?」を現役社会科教師Fさんに「授業」をしてもらいました。
民主党への失望から、民意が離れたのは明確だけれど、自民を支持しているわけではない。
小選挙区制や公選法の改悪(市民に口出しさせないための)を通して、自民が多数派を占めたが、反原発の市民が圧倒的多数であることは間違いない。
60年安保以来の市民の大きな声である。原発を推し進めた阿部政権のウソ、犯罪性を追求し、暴いていきましょう。

 福島県が借り上げ住宅の打ち切りを通知したことで、広く自治体にその動きが広がったが、私たちが豊中市に申し入れることで、12月28日打ち切り予定を止め、3月末に変えさせることができた。大きな成果。
箕面市、池田市にも働き掛けていきましょう。

 福島の現実、福島の生の声を知り、広げるために、3月9日(土)午後すてっぷ視聴覚室で、「フクシマの今を語る(聞く)会」を持つことにしました。
福島在住で、「フクシマ子どもネットワーク」事務局の地脇さんに来ていただいてお話を聞きます。
詳細は後日。
 
1月19日の避難者交流会はガレキ問題を中心に、Nさんに話をしてもらうことになりました。東京からの新しい避難者も来られます。

 参院選も視野に入れ、原発問題をわかりやすく書いたチラシ(Tさん作)を大量印刷し、ポスティングすることになりました。


次回ミーティングは 1月26日(土)
10:00 大池コミュニケーションプラザです。
終了後、1時間ほど豊中駅前で署名・チラシまきます。
どなたでも参加できます。
みなさん、参加してください。

スポンサーサイト
[ 2013/01/14 01:31 ] ミーティング報告 | TB(0) | CM(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。