放射能から豊中の市民・子どもを守る会

豊中の市民・子どもの命を守るために放射能を測定し、豊中市に申し入れよう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

11.25豊中市学校給食との話し合いの報告

   豊中市学校給食室との話し合い(報告)

 ・2013年11月25日(月)PM2:00~3:30  原田給食センターにて
 ・出席者:学校給食室長0さん、原田学校給食センター所長Eさん、服部学校給食センター所長Wさん、栄養士Hさん・・・4名
 ・参加者:・守る会スタッフ(保護者含む)・・・5名
      ・東泉丘、上新田、新千里南、宮山、長興寺北、北条(関東からの避難者)などの保護者・・・6名    
      ・他にも、4名の保護者や避難者が参加を希望していましたが、仕事や雨や迎えの時間の関係でやむなく欠席

 あいにくの雨、駅から不便な原田給食センターでの話し合いでしたが、守る会スタッフ5名の他、小学生の子どもを持つお母さんや幼児を抱えたお母さんたち6名が子連れで続々と参加。計11名と幼児数名の参加。
 
1、初めに、学校給食室HPトップの文章(「学校給食食材の産地と放射性物質の検査の結果について」―更新日:2013年11月14日)の変化について質問しました。
  3月に記載されていた①「市場に流通している食品で安全が担保されていると認識している」との表現と、②17都県産の食材についての記述がなくなったことについて
<回答>
・厚労省医薬食品局からの平成25年(2013年)3月19日付の通知で、「原子力災害対策本部において『検査計画、出荷制限等の品目・区域の設定・解除の考え方』が改正され、地方自治体の検査計画についても再整理された」から。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002xsm1.html
<感想>
・「通知」のコピーを受け取りました。ざっと目を通しましたがややこしい。ただ、「対象自治体及び検査対象品目」の表には、17都県についての検査結果に基づいた分類がされており、これは利用しやすいという印象です。
・なぜ対象品目が減ったのかという質問には回答がなかったが、この通知を丁寧に読み込まなければ難しいだろう。

2、米・牛乳・その他の全体的な選定の方針を質問しました。
<回答>
・新米を、豊中産、能勢産、香川産の順で使い、次年度は府の学校給食センターでチェックを受けて繰り返す。牛乳は京都のメグミルク、その他のものは大阪より西の物を基本としている。一部キャベツなど長野のものになるが市場に出ているもの
・安心安全なものを提供したいので、できる限り西日本の食材にしているし、したい。

3、食材納入業者を決める「選定会議」について質問しました。
<回答>
・3~4か月ごとに決めるものと、スープなど1年を通じるものがある。あえて替える場合は問題などがあったとき。
・委員会のメンバーは単独校から学校長2名、両所長、栄養士8名、各調理所から2名ずつ計4名、単独校から2名の調理師
・室長より。栄養士に公開の場で、保護者の声・思いを聞いてもらう場を作りたい。アレルギーや残債量の問題も含め。新給食センターができるのをきっかけに、市民と交流ができる開かれた場を作り、栄養士にも聞いてもらいたい。双方が交流できる場を。

4、中学校の給食(デリバリー方式・選択制)について質問しました。
<回答>やや遅れているとのこと。(その他、省略)

5、東北産スープについて質問・要望しました。
<質問・要望>
 スープは検査されておらず、月の半分は使用され(一年を通じて頻繁に使われている)ているが、元になる牛・鶏・豚からはセシウムが出ており、ストロンチウムは測られていない。病気の結果が出るのは10年後くらいかもしれぬが、23,000人の子供の将来が心配。スープはぜひとも西日本のものを使うよう、選定会議で出してほしい。

6、参加者からの想いや要望などを伝えました。
・国の基準を信用しないでほしい。親としての個人の想いを聞きたい。
・自分の子だけでなくすべての子どもを大事にしたい。
・放射能に関する知識を持ってほしい。学校給食はすべての子どもの命・健康に関わる。
・心配不安を抱える人は多いが声を出せない、そういう人の存在を知って。牛乳を飲まなくてもいい、給食を食べなくてもいいようにしてほしい。
・子どもはみんなで食べる給食を楽しみにしている。安全でおいしいものを。こまめに検査をしてほしい。
・関東から避難してきたが、国の言うことは信じられない。より安全なものを。
・生協でも基準を10㏃から5㏃に下げた。食べ物に対する責任と自覚を私たち市民も行政も持ちたい。給食の全量検査は意味がない。
・大人はよいが、子どもは食べ続ける。それへの責任を持とう。
・放射能に不安を抱える保護者に対して、その希望に従って弁当など選択できるようにしてほしい。個々の学校や保育所でストップがかけられないように。
・給食室と市民とが今後も対話をしていきたい。
・たとえば、宝塚市では10㏃で測定しているが、見学などしてほしい。市民も共に見学などしたい。
・思いや放射能に関する情報を手紙にまとめ提出した方もいます。

7、まとめ
学校給食室長さんからは、栄養士さんと市民(保護者)との公開での交流の場を作りたいという前向きな考えが聞けました。
市民と行政がともに、子どもたちの安全のために、継続して対話を続けることの大切さが確認されました。
具体的なこととして、①スープを東北産のものではなく、西日本のものにしてもらうこと、②放射能に対する不安から弁当を選びたい保護者にたいしてその希望をかなえられることを強く要望し、検討をしてもらうことになりました。回答を待ちましょう。
スポンサーサイト
[ 2013/11/28 12:02 ] 豊中市への働きかけ | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。