放射能から豊中の市民・子どもを守る会

豊中の市民・子どもの命を守るために放射能を測定し、豊中市に申し入れよう!
月別アーカイブ  [ 2016年07月 ] 

【報告】第28回避難者交流会の報告


【報告】 第28回 避難者交流会 in 豊中 の報告 (2016/07/09)

今回、東京都青梅市の病院に2013年3月まで薬剤師として勤めておられたレイさんにお話を伺いました。
主催者の予想を上回る60人以上の方が参加。関東からの避難者が多かったようです。
IMG_1182 (2)

以下、内容を当会の責任で、ザックリまとめました。

   *     *     *     *

病院では化学療法・院内責任者という立場でした。
薬の動きを通して様々な健康被害が見えてきました。

震災時、青梅市に住んでいた。
震災後すぐに青梅市の近くの焼却場で放射能汚染がれきの焼却が始まった。
燃やし始めたらアレルギー疾患が増えるだろうと思っていたら薬が動きはじめた。
湿疹や下痢や目のかゆみなどの薬が増え、秋になり白血病がでた。
首都圏付近で呼吸疾患が増えたが、ステロイドでコントロールできない。
間質性肺炎が増え呼吸器系病棟の4分の1を占めた。
薬を使えばよくなるイメージを日本人はすりこまれているけど、
今相手にしているやつはそんな甘いやつじゃないんで。
結局、2013年3月に退職して次男と京都へ移った。

京都でも無関心な人が多い。
最近、食べ物のせいかやばいんじゃないかと思わせることが増えている。
骨折でも、こけて折れるとか、片足骨折してまた片方とか。
50代60代の脳梗塞。
チェルノブイリで増えた血管系の病気も増えている。

栄養剤は、米や大豆から作られるが、関東の工場で作られているものを全国で使っている。
経管栄養の患者さんは気をつけたほうがいいかもしれない。
食生活の防御は大切。
ある年代になったとき胃ろうになると困る。
防御のためにも少しでも健康体でいることが大切。

産婦人科では次世代への影響がでている。
動ける人は動いてほしい。
日本は今選択のできない状況になってきているからこれからの子ども達はほんとうに大変。
子どもたちに選択肢のある社会を残してあげないと。
リスクを減らしたものを残していけたら。
どこにもノーリスクの場所はないけど少なければ少ないほどいい。
防御に力を使い果たす所より、違う所で違う生き方をみつけて生きていくのがいい。
身軽になって捨てられるものは捨てていく。
しがらみを捨てひとりひとりがめざしていかないと。
   (まとめ:S)


[ 2016/07/21 11:11 ] 避難者交流会 | TB(0) | CM(0)