放射能から豊中の市民・子どもを守る会

豊中の市民・子どもの命を守るために放射能を測定し、豊中市に申し入れよう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【ご案内】白井聡さんが語る3.11後~弱者が生きやすい社会をつくるために

「10.9白井聡さん講演会 in 豊中」のご案内です。

白井講演会チラシ(新版)
●タイトル:「白井聡さんが語る 3.11後 ~弱者が生きやすい社会を作るために~」・日  時:  2016年10月9日(日) 
        開場:13:30  開演:14:00  終了:16:30(予定)

・会  場:  とよなか男女共同参画推進センター・すてっぷホール
・アクセス: 阪急「豊中」駅下車すぐ、エトレ豊中ビル5F
・参加費:  前売り800円 当日1,000円  【前売り・予約優先】
(学生・障がい者・被災地からの避難者半額、中学生以下無料)
・保育・・・対象:1歳~小学3年生、 保育料:子ども1人につき540円(税込)、申し込み9月末まで
・申し込み先: 携帯 090-8980-2436 山田
          メール: tj5tymd@gmail.com

●〔講演会の趣旨〕
 福島原発事故は多くの人たちのかけがいのないいのち・くらし・人生を奪い、とりわけ、弱者に多大な犠牲を
強いてきました。6年目の今も事故原因さえ究明できていないのに、政府は「帰還政策」「棄民政策」にひた走り、
まるで「何もなかった」かのように原発再稼働を推し進めています。
そして、参院選で、改憲勢力が憲法改正を発議できる3分2を占めた今、白井聡さんに3・11後の日本の社会・
政治状況について改めて語っていただきます。そして、すべての人たちの尊厳が守られ、生きやすい社会を
つくるにはどうすればよいのか考えましょう。

★福島原発事故損害賠償関西訴訟・原告の方(茨城県から大阪市への母子避難者)からのアピール(10分)
 白井聡さんの講演(2時間)のあと、休憩をはさんで、福島原発事故損害賠償関西訴訟・原告の方(茨城県から
大阪市への母子避難者)からのアピール(10分)を急遽追加しました。
 広域避難者への住宅支援の2017年3月打ち切り問題について、大阪市営住宅にお住いの当事者からの訴えます。

●主催: 放射能から豊中の市民・子どもを守る会
スポンサーサイト
[ 2016/09/28 00:29 ] イベントお知らせ | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。