放射能から豊中の市民・子どもを守る会

豊中の市民・子どもの命を守るために放射能を測定し、豊中市に申し入れよう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

7月20日 とよなか子育ておうえんカフェ ~ご報告

7月20日 とよなか子育ておうえんカフェ ~ご報告~

夏の暑い午後、16名の子育て中のママやパパが集まってくれました。
ゆるーい時間が流れる中、開店したカフェですが、自己紹介と「気になっていること」を話してもらったら、がらりと雰囲気が変わりました。

原発事故から2年半。世の中は 原発事故などなかったかのように暮らしている人達が殆どですが、放射能汚染された食べ物の危険性に気付いた関西のママやパパたちの悩みや、誰にも話せない不安などを次々に話してくれました。 「私も給食が心配で、、」とか「家でいくら気をつけても、お友達の家で(放射能汚染が心配なものを)もらってしまう」など。おしゃべりしている途中で湧いてきた疑問について情報交換したり、上手くいった事例などを紹介し合いました。また、初参加の方で長年食品の輸入規制関連のお仕事をされている女性にも質問が矢継ぎ早にありました。

思い思い話したい人と自由におしゃべりして、メルアド交換。
またまた、あっという間に過ぎた3時間でした。

*カフェでの話題・疑問―――――――――――――――――――――――――――――――
・具体的に安全性の高い食品を知りたい(メーカーや産地)
・食物アレルギーあり。食品添加物に子どもが反応してしまう。
・給食で子どもに食べさせたくないものをどうやって断るか?
・大阪市が焼却している放射能&化学物質を含むガレキ。どのくらい残留してしまうのか?
・放射能について話せる場がまわりに無い。

*保育について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回、事情により保育専門室を確保できませんでした。保育用に会議室を用意しましたが、お子さんたちには不評で、殆どの子がお母さんと一緒にカフェにいました。2時から3時に同じフロア―のすてっぷのライブラリーで子ども工作室が始まったので希望者だけ参加しました。手作りの紙ロケットを作ったあと、保育ボランティア2名とお母さん一人とでカフェと同じフロア―にあるロビーで遊びました。小学校5年生のお譲さんも面倒良く小さなお子さんと遊んでくださり、怪我もなく無事カフェ終了まで楽しく過ごせました。

*カフェメニュー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
_____カフェメニュー____
有機紅茶、有機3年番茶
・シナモンとバナナの蒸しケーキ
・甘夏ピールの蒸しケーキ
・小豆とシナモンの蒸しケーキ

☆参加者の感想・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・いろんな方と話しが出来てよかった。心強い安心感が持てる場をありがとうございます。
・同じように気にしている方と話ができて、よかった
・普段話せないようなことを話せて、参考になり気持ちも楽になった
・とても有意義で楽しかった。何か役に立ちたい
・今日も貴重な事が聞けました。ありがとうございます。
・原発が原因で家族がバラバラになるのは、本当に悲しい

■今後の希望・要望(テーマ、催し物、etc.)
・ソーシャルメディアを活用した方がよい
・食物アレルギー、アレルギー体質、化学物質について
・食品添加物、予防注射
・放射能、食に関して
・放射能による健康被害対策
[ 2013/08/02 13:54 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。