放射能から豊中の市民・子どもを守る会

豊中の市民・子どもの命を守るために放射能を測定し、豊中市に申し入れよう!

第3回 とよなか 子育て♥おうえんカフェの報告

今日のまとめ、箇条書きでざくっと書いてみました。

みなさん、給食や食材のことが話題に多くのぼりました。
豊中は給食をお弁当にということが認められているけれど、他市では牛乳を飲まないということも、診断書が必要であったり、苦労をされているようです。
これから給食が始まるという方も心配されている方も。
だしは何を使っているか。牛肉や魚の産地はどこまでがオーケーか。安心なスーパーは。
レストランや安心食材の買える穴場のお店など、皆さんとても詳しくて、皆メモをとりながらの情報交換。私もたくさんの情報をもらいました。
食品だけでなく、衣料品、洗剤、歯磨きなどの工場の場所なども、話題に。

自己紹介の時に、家では、周りに理解してくれる人がいなくて、親にも気にしすぎといわれて一人で悩んでいるという方がいて、他の方達から共感の声があがりました。
みなさん、それぞれに同じような思いをされていて、放射能を口にだせないような雰囲気があるよね。という話に。

それと関連して「秘密保護法案」の話しにもなりました。
何が秘密かもわからない秘密を口にすると逮捕されるかもしれないという法案がとおったら、原発や被ばくのことが隠ぺいされてしまうのでは。
こういう情報交換も監視されるようになるかも。
ネットの世界でも発言できないようになるかもしれない。
だから現実につながれるように、この会に参加しましたという参加者もいました。
やはり被ばくを気にするお母さんには、この法案のおかしさに気が付いている人が多いと感じました。

それから、がれき焼却時の健康被害の話も。
焼却時、鼻血がでたという方が、何人も。帯状疱疹が出たという方。子供が高熱が続いた。咳がとまらなくなった。インフルエンザになった。と多くの症例がありました。震災後、バセドー氏病になった方、橋本病になった方。その場にいた方の中でこれだけの健康被害が聞けるのも、皆が被ばくを意識している方ばかりなので、わかることなのだと思います。
他の気にしていない層のなかで、なんとなく体調不良という人がどれだけいるのかと心配になりました。

それくらいでしょうか?メモもとっていなかったのでほんとにざっくりですが、よろしくお願いします。また思い出したら報告します。     (S記)
[ 2013/10/20 11:43 ] イベント報告 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する