放射能から豊中の市民・子どもを守る会

豊中の市民・子どもの命を守るために放射能を測定し、豊中市に申し入れよう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

7月21日「報道されていないフクシマ・写真展」のご案内

次回署名提出日を7月25日に控えた、「放射能健康診断100万人署名運動」の一環として下記イベントを行います。
当日も署名活動を行っていますので、ぜひ奮って足をお運びください。

無題

【報道されていないフクシマ・写真展 in  とよなか・すてっぷ】

 日  時 : 7月21日(祝・月)   午前10:00~午後7:00
       *菅野さんのお話しを聴くコーナー : 午後2時~3時30分

 場  所 : とよなか男女共同参画推進センターすてっぷ・視聴覚室
        ( 阪急豊中駅すぐ隣「エトレ豊中ビル」5階 )


お話しをしていただくのは、先日「7.6井戸川さん講演集会 in 池田」で20分ほどお話しいただいた菅野みずえさんです。
午後2時~3時30分まで、『フクシマ写真展』と並行してお話を聴くコーナーを設け、たっぷりとお話を聴き、交流します。

菅野みずえさんは、朝日新聞『プロメテウスの罠』で紹介されました。浪江町津島地区(ほぼ30キロ地点)にお住まいになっていた方です。
『 ・・・2011年3月12日の夜、政府は10キロ圏外は安全だと言っていた時点で、白の防護服を着てガスマスクを着けてた2人の男から「なんでこんなところにいるんだ!頼む、逃げてくれ」「放射性物質が拡散しているんだ!」と言われびっ
くりした』 という内容の記述があります。

当日は、避難の様子、現在の福島・避難所生活の様子をお話ししていただく予定です。
[ 2014/07/17 13:53 ] イベントお知らせ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。