放射能から豊中の市民・子どもを守る会

豊中の市民・子どもの命を守るために放射能を測定し、豊中市に申し入れよう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第21回 避難者交流会inとよなか のお知らせ

無題

福島第一原子力発電所の過酷事故から4回目の春を迎えました。
しかし、いまだに放射能が海と大気中に放出され続けています。

福島県の子ども達は、すでに109人が甲状腺がん及びその疑いが判明し、85人の子どもが手術を受けました。
また、避難指示区域が次々と解除され、帰還政策が採られていますが、果たしてどれ位の人たちが戻れるのでしょうか。
子どもの為に遠くへ避難した人達は、安心して暮らせる家や仕事が見つかったのでしょうか。
避難できずに福島に残った人達は、内部被曝の危険にさらされていないでしょうか。
政府は原発を再稼動し、海外に輸出しようとしています。

私達と私達の子どもの為に、輝く未来を用意したいと思っています。
一緒に考え、行動してみませんか。

  【第21回 避難者交流会 in とよなか】

日 時 : 2月28日(土) 9:30~12:00

場 所 : とよなか男女共同参画推進センター すてっぷ セミナー室1B・1C
       (阪急豊中駅 直結 エトレ豊中 5階)

参加費 : 300円(避難者は無料)

申し込み: 当日参加も可能ですが、できれば事前に予約をお願いします。

保 育 : あり (※要予約・2月21日締切)
       1歳から小学3年まで。子ども1人につき525円
        (2人目からは当会から1人につき300円の補助あり)

問い合わせ: 070-6921-5540(板橋) 06-6853-1462(中井)
         9jou-forever@luna.zaq.jp
[ 2015/02/06 14:22 ] 避難者交流会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。