放射能から豊中の市民・子どもを守る会

豊中の市民・子どもの命を守るために放射能を測定し、豊中市に申し入れよう!

【報告】言論の自由の危機に市民がノー

言論の自由の危機に市民がノ― 9・13講演会に650人

”報道の自由とは何か―民主主義の危機に対し私たち市民は何ができるのか”と題して、岸井成格(元TBSニュースキャスター)が気迫と危機感に満ちた講演。「安倍政権になりメディア状況は非常に息苦しい。このままではメディアは窒息する」と強い懸念を訴えました。同時に「皆さんと危機感を共有し、声を上げることが本当に大切な時代になっている。日本の民主主義の根底が問われている」と力強く呼びかけられました。
 第1部で、「原発報道の虚偽」と題して講演した藤原節男さんは、福島第一原発事故の真相をめぐる報道の在り方について問題を投げかけました。
原発賠償関西訴訟原告の森松明希子さんかからは、特別アピールをいただきました。

 私たち「放射能から豊中の市民・子どもを守る会」は、本企画の立ち上げ段階から実行委員会の一員として一端を担いましたが、何よりも昨年来からの「戦争法廃止!豊中市民アクション」の運動、市民の繋がりがこの企画の成功を下から支えた力であったと思います。

全景
講演する岸井成格さん
第1部で講演する藤原節男さん
アピールする原発賠償関西訴訟原告・森松明希子さん
懇親会
[ 2016/09/27 22:45 ] イベント報告 | TB(-) | CM(-)