放射能から豊中の市民・子どもを守る会

豊中の市民・子どもの命を守るために放射能を測定し、豊中市に申し入れよう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【転載】ガレキの広域処理をしないでください(母子避難者からの手紙)

私は福島県から小学生の娘二人を連れて大阪に母子避難している母親です。
原発事故からの放射性物質より、子供の命を守るために家族離れ離れの生活です。夫は1年以上家族に会えていません。
つら過ぎます。情報を深く取って行くと、子ども達だけが、心配なのではなく、大人も放射能の影響を受けるので大人の心配もしなくてはいけない事が判ってきます。
震災前でさえ、産業廃棄物業者様、地域住民の方々の健康被害がありました。私の友人の弟さんは焼却施設に勤めている32歳です。そこの施設ではお勤めされている方々の40歳以上の九割がガンにかかられそうです。ですから放射能瓦礫を受け入れたら恐ろしい程の被害が出る事が予測されます。瓦礫を広域処理してしまうと、まだ汚染されていない土地が汚されてしまいます。

関西に元々住んでおられた一般の方々にも震災以降、傷が治りずらかったり、下痢をしたり、アレルギーがひどくなったりと様々な症状が続出していることをご存知でしょうか?おまけに爪を調べたらセシウムが出た方々もいらっしゃいます。

私たちのような避難者にもう一度避難しろというのでしょうか?
避難できない人達に、どうやって安全な食べ物を送るのでしょうか?
被災地に残っている夫にこれ以上内部被曝をさせたくないです。避難してくる人達に避難できる場所を残しておいて下さいますようお願い致します。
日本が外国より総スカンをくらわないか本当に心配です。日本を病気の蔓延する死の国にしないで下さい。どうか真心でお考え下さいますよう心よりお願いいたします。
警戒区域・計画的避難区域内のゴミを広域処理するなんてもってのほかです。
これ以上汚染されたものを、全国に広げないで下さい。

放射性物質汚染対処特措法施行規則改正に断固反対致します。
現地に、何度も足を運んでいる方々は、「瓦礫が復興の足かせになっているとは聞かない」と口を揃えて言っています。

                                            萩原
[ 2012/05/08 00:02 ] がれき(広域処理) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。