放射能から豊中の市民・子どもを守る会

豊中の市民・子どもの命を守るために放射能を測定し、豊中市に申し入れよう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【お知らせ】5.29(火)「食べ物と放射能と私たちの暮らし」勉強会

食べものと放射能と私たちの暮らし」
~誰を思い、何を考え、どう選ぶのか~


東京電力福島第一原発事故から一年が過ぎました。
マスコミでは徐々に原発事故に関する報道は減ってきています。
しかし、生活者である私達は、原発事故が食べものに与えている影響について、割り切れない思いや不安、疑問を抱えたままなのではないでしょうか?
原発事故後の日本で、食べものと放射能汚染をどうとらえ、どのように暮らしていくのか、長年に渡って原発と食の問題に携わって来られた井上保子さんをお招きしてお話しを聞きます。
「食べものの放射能測定に対して自治体はどうあるべきなのか。何をどう食べていけばよいのかわからない」など、一人では解決できないことが沢山あり、困惑してしまうことと思います。
この機会に、皆で一緒に考えてみませんか?お子さん連れも大歓迎です。

●日時 2012/5/29 (火曜) 9:45-1145(開場9:30)
●講師 井上保子さん(原発の危険性を考える宝塚の会)
●場所 豊中市千里文化センター(コラボ) 第一講座室
北大阪急行千里中央駅直結。北改札より約80m
●参加費 500円


主催 井上保子さんの話しを聞く会
協力 大阪でひとやすみ!プロジェクト(福島の子ども達の保養プロジェクト)
子どもを守るパパママネットワーク豊中
連絡先 090-6605-1976
five470@yahoo.co.jp
[ 2012/05/25 17:14 ] イベントお知らせ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。