放射能から豊中の市民・子どもを守る会

豊中の市民・子どもの命を守るために放射能を測定し、豊中市に申し入れよう!

学校のがれき焼却対策は?~ママパパ サポート隊~のお知らせ

「ママパパ・サポート隊」
~大阪市の震災がれきの焼却について、子供たちの健康への被害を心配されている保護者の方々へ~


「子供の通っている園や学校の先生、又はPTAの役員さんに ガレキ焼却の危険性を知っておいてもらいたいけれど、うまく説明できない・・・。」「友人にも言いにくいし、一人ではなかなか先生に相談しづらい・・・。」という保護者の方はおられませんか?「放射能から豊中の市民・子どもを守る会」では、そんな保護者の方々をサポートしています。

 保護者として園や学校へ相談されたい場合、同行させていただき、焼却の現状や北九州市で多く見られた症状の報告、他校の状況などを説明させていただいた上で、可能な対策などを相談・提案させていただきます。

 園や学校として対策を取るということは非常に難しいことです。ご期待に十分添えない場合が多いと思います。けれど、とても残念なことですが、まだ焼却自体をご存知ない先生方も沢山おられます。
今回の目的は、一人でも多くの先生方にまず知っていただくこと。そして、少なくとも保健室の先生などを中心に、子ども達の体調を細かく「観察」していただくことと考えています。
また、同じ園や学校内に同じ不安を持つ保護者の方が他にもおられるかもしれません。そういう方と是非繋がりたいという希望者には、そういう方同士をお繋ぎすることもできます。

希望される方は、 tj5tymd@gmail.com まで「サポート隊希望」としてご連絡ください。改めてこちらよりご連絡させていただきます。(アドレスをコピーしてメールフォームから送信してください)

会としては、まず豊中市内の園、学校を優先としていますが、市外でも遠慮なくご相談ください。特に焼却場に近い地域、風下の地域の方はぜひ一度ご連絡ください。
***************************************
【提案例】
●子ども達の体調をよく観察する。
・鼻血、咳、目のかゆみ、ぜん息、骨折、発熱、集中力、インフルエンザなどの流行・・・などが例年と比べてどうかなど。(小学校の場合、保健室の利用状況、利用理由など)
●それらを出来る範囲で細かく記しておく。(鼻血などの場合、その時の状況など。)
●教室内へ入る際、手洗い、うがいを徹底させる。
●生徒や先生が雨(特に降り始めの雨)に当たらないよう、配慮する。
●毎朝、その日の風向き予測をインターネットサイト等でチェックする。
●風向きによって、
・教室の窓を閉める
・マスクを付ける
・屋外活動を自粛する
●グランドや雨樋の下などの線量を定期的に計測する。
●砂場や雨樋の下などの土壌を定期的に調査する。

など、できる範囲での提案、相談を一緒にさせていただきます。


[ 2013/02/16 09:32 ] がれき(広域処理) | TB(-) | CM(-)